夫婦ワーホリ!オーストラリアに来た理由

こんにちは!あやかです。
「オーストラリアでバンライフをする」を夢見ること約1年。ついに「夫婦でワーホリ in  オーストラリア」がスタートしました!夫婦でも扶養家族がいなければワーキングホリデービザを取得することができます。今日は私達がオーストラリアに来た理由について書いていきます。

関連記事:オーストラリアで見つけた新しい夢

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデー (英語: Working Holiday)とは、2国間の協定に基づいて、青年(18歳〜25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。

だそうです〜。働いてもOK!なビザだけど、働かなきゃ駄目よ!ってわけではないんですよね〜。ちなみにワーホリビザは1年間有効!こどもがいなければ夫婦でもワーホリビザは取れますよ!

ワーホリでオーストラリアに来た理由

私達がワーホリでオーストラリアに来た理由は3つ。ちなみにオーストラリアに来るのは、涼輔くんが3回目、私は2回目です。

関連記事:オーストラリアにきています

1.エンドレスサマーがしたい

オーストラリアがあるのは南半球。つまり日本の冬はオーストラリアの夏!
寒いのが苦手なにしだけ。特に宮本さんの冷え性は本気でやばい…。

「日本の夏が終わったら、暖かい国に引っ越す。エンドレスサマーを俺はやるんだ!」

2.サーフィンのメッカ

あったかくても、趣味のサーフィンができなきゃ意味がない!
言わずと知れたサーフィンのメッカでもあるオーストラリア、ゴールドコースト。ほぼ毎日、日本では味わえないような極上の波を体験することができます。波が良すぎて、そんなにうまくない私でも数分波に乗っていられますからね!

3.英語圏で住みやすい

「暖かくて、サーフィンができる」だけだとバリとかでも良かったんですが…。「英語圏の国に一度は住んでみたい!」と以前から思ってたので、オーストラリアに決めました。ワーホリビザも他の国より簡単にとれますからね(私は秒で取得)。

これから楽しむぞー

さてさて…。ワーホリ生活が始まって、4日目!こちらは毎日暖かくて幸せでございます。念願のエンドレスサマー…!

旅の様子はInstagram中心に更新しておりますよ〜

みなさん!私達がいる間にぜひオーストラリアに遊びに来てくださいね!

それではまた!


合わせてこちらもっ

LCCと民泊でゴールドコーストへ格安サーフトリップ

オーストラリアをラウンド!バンライフ夫婦はじめます