オーストラリアで車購入 −探し方から名義変更まで-

バンライフを夢見て、ワーホリビザ片手にオーストラリアにきました!にしだけのあやかです。ワーホリ初日に車探しと視察を開始。オーストラリアにきて数週間ほどで、理想の車を買うことができました!本記事では、私たちが経験したことをもとに、オーストラリアでの車の探し方から、実際の交渉、名義変更、保険などについて書いていきます。

中古車の探し方

オーストラリアはシェアリングエコノミー文化が発達!車に限らず、仕事や住まいなど様々なものを探すことができます。代表的なものを3つあげますね。

※オーストラリアで主流のコミュニケーションツールは電話 or テキストメールです!まずは電話番号をGETしましょう。

1. オーストラリア最大のシェアリングサービスGumtee

もっとも掲載数が多いのは、ここGumtree(ガムツリー)です。日本でいうとメルカリアッテのように、購入者と出品者が直接連絡を取り合って、取引を進めていきます。英語にそんなに抵抗がなければここで探すのが一番!決済方法は現金またはPaypalですが、ネゴシエーションが可能です。ちなみに私たちはGumtreeで探し、購入しました!

2. 英語力に不安があるなら日豪プレス

Gumtreeは完全英語ですが、こちらは日本語サイト。出品者も日本人の方が多いので、英語力に不安がある方はこちらで探しましょう。若干検索がしづらいので、自分の好みの車が見つかるようにキーワード検索をたくさん試してみてください。

3. FACEBOOKグループ

オーストラリアでは各地域ごとにFACEBOOKグループコミュニティが形成されています。自分が住んでいる地域のFACEBOOKコミュニティに参加して、中古車情報をゲットしましょう。こちらも英語力が必要ですね。

英語がある程度できるのであれば、掲載数が多く検索条件もつけやすいGumtreeをオススメします。

車購入の際のチェックポイント

欲しい車が決まったら、試乗させてもらいましょう!その際のチェックポイントですが、これは日本と一緒です。ちゃんと走るのか、チェックしましょうね!

  • 走行距離(30万キロ以内が良いと思います)
  • エンジン音に異常はないか
  • シートベルトは閉まるか
  • 車検は切れていないか
  • 保険はどれくらい残っているか

あとはご自身の好みで。参考までに私たちが探していいた条件はこんな感じです。

  • キャンパーバンタイプ
  • AT(オーストラリアの車はマニュアルが主流)
  • 80万〜150万円(安いのはすぐ壊れるので)
  • クイーンズランド州全域

名義変更に必要な手続き

車を買ったら、日本と同じく名義変更が必要です。元の所有者がやらなくてはいけない項目もあります。漏れがあったときのためにしっかり連絡先を交換してきましょう。必要なものを以下にまとめておきます。

  • Registration(車の登録):半年ごとの登録が必要
  • RWC ロードワーシー(車検):元の車の所有者が取得する
  • 名義変更に必要な書類:Transport(免許センター的なトコ)でもらえますが、元の所有者にも記載してもらう必要があります
  • 住所証明*
  • 強制加入保険:名義変更の際に入れます

*当時、シェアハウスに住んでいた私たち。オーストラリアの銀行口座や運転免許証も持っておらず、何も住所証明の書類を持っていませんでした。そんな時はシェアハウスのオーナーに書類を1枚書いてもらえると、それが住所証明の代わりになります。私たちのオーナーはとても優しい方だったので、一緒にTransportまで同行してくださり、無事に名義変更を終えることができました。

任意保険はAAMIが安い

Screenshot 2017-12-14 07.55.45
こちらはオージーとシェアハウスをしている友人から教えてもらった任意保険、AAMI。Third Party Car Insurance(自賠責+対物+対人)が、$20/monthくらいで、かなり格安です!入っておきましょう。


海外で大きい買い物をするのはドキドキすると思いますが、大丈夫。オーストラリアの方は親切な方が多いので、必ず助けてくれる人がいます。

車があるオーストラリア生活はとっても快適ですよ!ぜひ理想の車を手に入れて素敵なオーストラリアライフをげっとしてくださいね。車を運転する際には十分にお気をつけて!
関連記事:もう迷わない!オーストラリアの交通ルールと標識を完全解説

ではまた。