【ZOOMをライブ配信】できそうなイベント考えてみた!

リモートワークが急速に進み、オンライン会議などでZOOMを使っているよ!という方も多いかと思います。最近はアイドルやアーティストがZOOMを使ったLIVE配信を始めたりしていますね。私が好きなアイドル、NMB48も最近ZOOMを使ったYouTubeライブを始めています。その配信を見ていて、ZOOMを使ったストリーミング配信でできそうなことを考えてみました!

<関連記事>
ZOOMを使ったライブストリーミング方法の記事
https://nishida.lol/post/zoom-streaming

バーチャル背景や美肌モードなど玄人向けの使い方
https://nishida.lol/post/zoom-settings/

基本設定:画面共有の左右表示モードで無限大の可能性!

zoomでただお話ししている様子を配信しているだけだと、だんだん飽きがきてしまいます。そんな時便利なのが、画面共有!共有できるものは、デスクトップ、ウィンドウ、アプリケーション、オーディオ/ビデオ。共有開始時に選択が可能です。またその際に音も共有することができますよ。
デフォルトだと画面共有を始めると共有画面がでかすぎて、zoom参加者の顔が小さくなってしまうのですが…左右表示モードを使うことで、共有画面と参加者の顔表示の大きさのバランスを調整できるようになります。

<やり方>

  1. 画面共有中に、[View Options]をクリックして、[Side-by-Side Mode]を選択。
  2. 共有画面が左側に、スピーカーが右側に表示されます。セパレーターを左に動かして参加者の顔が大きく写るように調整。
  3. 上部にある [Speaker View]をクリック。

また、設定画面で事前に[Side-by-Side Mode]に設定しておくことも可能です。

<やり方>
[設定] > [一般] > [Side-by-Side Mode]にチェック。

対談イベント

ゲストスピーカーを招いて行うイベントや、対談形式のイベントであれば簡単にできますね。画面共有で資料などをうまく使うことで、飽きのこないイベントを作ることができます。

オンライン人狼ゲーム

人狼ゲームに慣れている人々であれば、画面共有はなしでも楽しく配信ができそう!zoomチャットは個別に宛先を設定して送ることもできるので、その機能を使えば配役もそれぞれ伝えることができますね。
不慣れな場合などは、オンライン人狼ゲームを利用し、その画面を共有するのが良いかもしれませんねー。

http://oj.bakuretuken.com/

オンラインボードゲーム

1アカウント、ボードゲームを映し出す用のアカウント(運営アカウントとします)を作れば、難しい設定なしにボードゲームを始まられます。zoom参加者は運営アカウントに移ったボードゲームの状況をみながら、ゲームを楽しみます。それぞれに手持ちの札が必要なゲームは難しそうですが、みんなでおなじ盤面を見るゲームなら簡単にできて良いですね!

定番のなんじゃもんじゃ

記憶力とユーモアが試される、定番のボードゲーム。参加者は順番にカードをめくり(めくるのは運営アカウントがやる)、はじめて出てきた謎の生物に名前をつけていき、2回目以降はその名前をいち早くコールした人が勝ち!というゲームです。絵も可愛いし、おすすめ!

知能派系なら!「コードネームデュエット」

これはめちゃめちゃおもしろいです!むずかしさも中くらい。ちょっと頭を使うけど、多少おばかさんがいてもどうにか成り立つ絶妙なゲームバランスです。2チームに別れて行います。これも個別チャットをうまく使うことで、うまくゲームを進められそう!

10秒で考えるプロポーズ「たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ」

手持ちのカードを使って、10秒でプロポーズワードを考えるゲーム。通常は親を決めて、どのプロポーズが良かったかを選んでもらいますが、せっかくライブ配信をするなら視聴者にコメントで投票してもらうのも良さそう◎

スピーカービューと音声共有を使ってリップシーン風コンサート

NMBのこちらのライブ配信でメンバーの渋谷凪咲さんが「みんなで歌を繋いでMVのリップシーンみたいなのをやりたい」的なことを言っていたんですが、これはすぐにできそう!

音源はコンピューターサウンド共有で流す

Zoomでは、画面共有機能でビデオまたはオーディオクリップの共有する際に「コンピューターオーディオを共有」することもできます。

<やり方>
画面共有する際に [Share Computer Sound]をクリックするだけ。

注意:この機能は、Windows XP、Linux、ChromeOSでは利用できないそうです。

ホストの画面はスピーカービューに

ZOOMの画面の表示の仕方にはスピーカービューモードギャラリービューモードの2パターンがあります。

  • スピーカービュー:しゃべっている人が大きく表示される
  • ギャラリービュー:全員が均等の大きさに表示される

なので、スピーカービューに設定した上で、あらかじめ決めた歌割りで歌を順番に歌っていけばMVのリップシーンのような見え方になるはずです!

<やり方>

  1. 画面共有中に、[View Options]をクリックして、[Side-by-Side Mode]を選択。
  2. 共有画面が左側に、スピーカーが右側に表示されます。セパレーターを左に動かして参加者の顔が大きく写るように調整。
  3. 上部にある [Speaker View]をクリック。

また、設定画面で事前に[Side-by-Side Mode]に設定しておくことも可能です。

<やり方>
[設定] > [一般] > [Side-by-Side Mode]にチェック。

参加者全員が自動音声調整をオフの方がいいかも?

zoomは賢いので、自動で音量をいい感じに聞こえるように調整してくれます。しかし、それによって音量が小さくなってしまうこともあります。もしかしたらこの機能は全員がオフにしておいた方がいいかもしれません。(未検証なので、やってみてください…としかいえないのですが…)

<やり方>
[設定] > [音声] > [音声の自動調整]のチェックを外す

マイクを使えばより本格的に!?

ビデオチャットや会議ではBluetooth付きのワイヤレスイヤホンマイクが便利ですよね。

歌声を届けるなら音声はマイクを使って入力するのが圧倒的にオススメです!
これとかスマホでもPCでも使えて便利そう!ローズゴールドがかわいいし。(普通のゴールドもあるよ)。マイクなどのガジェット類は沼度が高いので、まずはコスパ良さそうなのから試してみて、そこから必要があれば玄人向けのものに移っていくのがいいと思います。

https://amzn.to/34yl6ME

今回はzoomのライブストリーミング機能を使ってどんなことができるかを考えてみました。またアイディアが浮かんだり、実際にやってみて良かったものがあれば追記していきます。なかなかお家から出られず、ストレスを感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、お家でできることもたくさんある!と切り替えて楽しく過ごしましょう◎

関連記事
【図解】ZOOMでライブストリーミング配信する方法

WEB会議ツールZOOMの使い方【応用編】